多焦点眼内レンズ

MULTIFOCAL INTROCULAR LENS

多焦点眼内レンズの手術を受けられた患者様の感想

眼科に通ったことがなく不安だったが先生がはっきり言ってくれるのでなんでも相談でき安心した。
従業員の対応が良かった。手術するのに不安なく任せる事ができた。
手術後も定期的検査があり安心できた。

名前 K.Y 76歳 女性

はじめに

当院は多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術施行施設です

当院は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療施設として厚生労働省より認定されました。先進医療とは、一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。

先進医療施設では、先進医療特約のある保険に加入されていれば、本来自由診療として支払わなければならない高額な手術が先進医療特約の保険の対象となる為、より高度な医療技術を治療費の負担が少なく受けることができます。(但し、通常の診療・検査・薬代等に関しては通常の保険が適応されます。)

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術とは

水晶体再建術は、白内障で濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入する手術です。 顕微鏡下での手術であり、高度な医療技術が求められます。 小さい切開創から超音波を用いて濁った水晶体を吸引し、単焦点眼内レンズや多焦点眼内レンズを挿入します。この人工のレンズを水晶体の代わりに挿入する事で、視力が回復し、物が見えるようになります。

手術治療を悩まれている方へ 白内障について

単焦点眼内レンズ・多焦点眼内レンズの違い

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズは、ピントが合っている所は良く見えますが、それ以外の距離にはピントが合わないので、遠近共にくっきり見えるわけではありません。例として手術時に遠くにピントを合わせた場合には、手元を見る際に近用眼鏡が必要になります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、その名の通り複数の箇所に焦点が合う為、手元も遠くもどちらも見えやすくなります。 単焦点眼内レンズでは眼鏡が必要になりますが、多焦点眼内レンズでは眼鏡の使用を大きく減らすことができます。但し、単焦点眼内レンズに比べ、見え方がぼんやりするように感じられる場合もあります。

※レンズについては、メリット・デメリットがございますので、術前に必ずご説明させていただきます。ご不安に感じる点がありましたら、遠慮なくご相談ください。


回折型多焦点眼内レンズ

光をレンズの回折構造によって、遠方と近方(トリフォーカルレンズの場合は遠方・中間・近方)に分けます。 通常の単焦点レンズや焦点深度拡張型多焦点眼内レンズと比べて、見え方の質を少し落とすかわりに、近方の見え方に秀でています。見え方の質を落とすとは言え、日常生活に影響が出ないレベルです。夜間、暗がりで光を見ると、少しの滲み(ハロー・グレア)を感じますが、多くの方は、目が慣れるにしたがい気にならなくなります。

回折型多焦点眼内レンズ

焦点深度拡張型(EDOF)

焦点深度拡張型多焦点眼内レンズは、ごく最近登場した新しいコンセプトのレンズです。 英語で書くと、Extended Depth of Focus となり、専門家の間ではEDOFレンズと呼ばれます。光を遠方と近方に振り分けていた、従来の回折型と違い、光を振り分けることなく、見える範囲を広げますので、より単焦点レンズに近い見え方となります。ただ、近方の見え方は少し弱いので、見え方の質重視でほぼほぼ裸眼で生活できれば手元の細かい文字は眼鏡をかけても良い方や、緑内障・網膜疾患等がある方で老視矯正をご希望の方などに合ったレンズとなります。

焦点深度拡張型テクニスシンフォニートーリック

多焦点眼内レンズの手術を受けられた患者様の感想

眼科に通ったことがなく不安だったが先生がはっきり言ってくれるのでなんでも相談でき安心した。
従業員の対応が良かった。手術するのに不安なく任せる事ができた。
手術後も定期的検査があり安心できた。

名前 K.Y 76歳 女性